【写真展への道 その1】 プレスリリース!

以前、こんな記事を書きました。

【誰か一緒に】写真展をやるぞっ!【やらないか】
何日か前のブログで、サラッと書いたのですが、 写真展をするべく、ギャラリーに予約を入れてきました。 自転車日本一周中から、写...

これ以降、写真展に関することはブログには書いておりませんが、
順調に進行しております。

で、写真展についてですが、参加者を募集したのですが、希望者はおらず。
私の方から積極的に声もかけなかったので、これもまぁ当然の結果といえるかも。
結局、私、さたちゃん、ひろなおくんの3人で写真展をすることにしました。
この3人でも、十分に濃い内容の写真展ができると考えております。

それで写真展の開催までに、写真展への道ということで、
何回かブログを書いていきたいと思っております。
今回は少しさかのぼって、3月の話です。

3月に入ってから、いよいよ具体的な作業に取り掛かることに。
写真展を開くまでには、色々することがあります。

・プレスリリースの作成(写真展の概要を決定)
・ダイレクトメール作成
・展示物の作成

まずはプレスリリースを作るべく、写真展の概要の作成です。
プレスリリースは写真展2ヶ月前に、
ギャラリーから情報誌や新聞社、写真雑誌へ写真展の内容を
知らせていただくものです。

決めなければならないのは、写真展のタイトル、概要、
参加者のプロフィールやそれぞれが展示する写真の概要です。

タイトルや概要は、基本的に私が下案を考えて、
ギャラリーの方に見てもらい、意見を頂いて、
その後3人でアレヤコレヤと考えるという形です。

あとはプロフィールをそれぞれ考え、展示する写真のコンセプトを
表現する写真を1枚決めることになります。

そして、3月下旬に出来上がった、プレスリリースがこちらです。

galleryAvi_press510

最終的にタイトルは「チャリダーズ! 2016年日本一周の旅」としました。

個人的に「チャリダー」という言葉は嫌いなのですが、
(自転車をチャリと呼ぶことに抵抗があるのです)
わかりやすさではこれがいいのかなと。
今やNHKの番組のタイトルにもチャリダーとか使われていますし。

「2016年日本一周の旅」としたのは、ギャラリーの方が、
「2001年宇宙の旅」っぽくて面白いのでは?といったところからです。

また、写真展概要ではにほんブログ村で上位人気うんぬんとあざとい部分もありますが、
これは報道機関向けということで、勘弁していただきたいところです。

そしてプロフィールの写真を見ていただけると、3人の写真の傾向がわかるかと。

ちなみに私の写真ですが、
日本一周をしてきて、見せたい写真がなぜ西友の駐車場なのか?

実はこれは静岡の沼津で撮った風景で、写真の中央に写っているのは富士山です。
多分、その地に暮らしている人には当たり前の風景です。
でも、旅人の私にとっては、日常的に富士山が見えるというのは、
なんと羨ましいことかなと思ったのでした。

富士山の見える場所といえば、三保松原のように観光地になっているところもあります。
しかし私が求めるのはいかにも観光地!や絶景!というわけではなく
(もちろんそういったところも行っていますし、写真も撮っていますが)
日常に溶け込んだ風景と言いましょうか、その地に暮らしている人には、
普通に思えても、他から来た人にとっては新鮮に思えたり、驚きがあったりする風景です。

それをどういった形で見せられるか、写真展の開催までに格闘しなければなりません。
最終的にうまく表現できるかどうかわからない部分もありますが、
私なりの日本の風景を展示できたらなと思っています。

今回はこんなところで。

ではでは。

ブログ村に登録しています。
下のバナーをクリックしていただけると、
ランキングが上がります。

よろしかったらクリックしてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

日本一周後のカテゴリーがあったので、こちらも登録しました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周後・体験談へ
にほんブログ村

どちらをクリックしていただいても、かまいません。
よろしくお願いします。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. cancan より:

    写真展、拝見できるのを愉しみしていたのですがね、
    嫌ならそんなタイトルを掲げる事はないと思うのですが

    • keta-G より:

      >cancan様
      誤解を招くような書き方だったかもしれません。
      このブログではずっとサイクリストって言う言葉を使っていて、
      写真展をチャリダーズとするには、それなりに理由があったわけで。

      今現在、自転車乗りを表す言葉としては、
      チャリダーというのが一番わかり易いかなと。
      他の自転車日本一周をしている人も、殆どが自転車乗りのことを、
      チャリダーとよんでいますし、私自身の小さなこだわりに
      こだわりすぎる必要もないかなと思っております。

      一番は世に伝わることですし、
      タイトルとしては気に入っています。