【50日目】難関!竜泊ラインを超え、竜飛崎へ【2016/05/31】

さて、本日は停滞を考えていたのですが、
雨が降らないので、竜飛崎を目指します。

STY13851
こんな感じで、テント張ってました。
雨も防げるし、人は来ないし最高の場所です。

午前5時に外にでてみると、青空です。
昨日の天気予報では、午前8時位から雨とのこと。
午後から雨の予報なら早い時間に出発して、

午前中に龍飛崎をクリアして、なんとか泊まる場所を
探そうかと思っていました。
しかし8時から雨と言われてしまうと、出発をためらいます。

激しく迷ったのですが、そんなに急がなくてもいいじゃないか
という気持ちもあり、この時は停滞を決意。
たまにはゆっくりするのも良いかと、二度寝をします。

そして8時ころ目を覚まし、外に出てみると青空です。
いや、これから天気が崩れ出すのだろうと、
テントの中でこれからのプランを考えます。

午前9時、道の駅のオープンの時間です。
とりあえず、停滞中の食事を考え、買い出しに行きます。
もちろん外は青空です。

STY13855

朝食の海峡ドッグと、おつまみです。
海峡ドッグはイカのフライを挟んだもので、本日限定20食とありました。
お味はあまりパンとマッチしていないように感じました。

こちらの商品を買うときに、お店の方に
今日の天気どんな感じですかと聞いてみました。
ネットでは雨の予報ですが、雨降りそうにないんですけど、と。
そうすると、今日は午後5時位までは降らなさそうとのこと。
それで、明日1日は雨。

その言葉を聞いて出発を決意します。
朝から雨が降っていれば停滞で良いのですが、
晴れているのに停滞するのは何かもやもやします。

とりあえず海峡ドッグを食べ、
急いでテントを畳み午前10時すぎ出発です。

出発までの前置きが長くなりましたが、
実は本日向かう竜飛崎の手前は標高500mの坂があるのです。
約7kmで500m上がります。

これは過去最高の坂です。なので、出発するときに
かなりの気合を入れます。
いつもはたすき掛けにして持っているカメラは鞄にしまい、
写真はおあずけです。ひたすら登ることに専念します。

そして、私が立てたのは1kmごとに休憩を入れる作戦です。
きつい坂と行っても、ずっと急な坂が続くわけではありません。
斜度がゆるくなるところがあります。
約1km毎で、そういうところで、休んでいくのです。

道の駅から約6kmほど走ると、いよいよスタートです。
斜度12%の看板があります。
ギヤは最初からインナーローです。

もうひたすらペダルを回すのみです。
最初のこの12%のところを越えると、
それ以降ではめちゃめちゃ厳しいところは、それほどなくて。

左カーブのインベタはきついので、
走行車線いっぱいにアウトに膨らんで走るということもします。
これは車の交通量が少ないからできることですが。

アドレナリン全開のためか、途中から鼻血がでてきました。
そして、3度めの休憩時。

STY13856
飛行機雲が現れました。つい撮ってしまいます。

なお、上の方にちょろっと見えるガードレールのところまで、登ります。
ここまで来た時には、これならなんとか押さずに
行けそうだという自信もでてきました。

STY13857
そして、ラスボス眺望台手前の坂道が見えました。

ただ、眺望台に近づくにつれ、天気が悪くなってきます。

STY13858
なんとか眺望台の駐車場に到着です。
(もっとうまく写真を撮れなかったものかと、今更後悔しております。)

服は汗でベトベトのため、こちらで着替えます。
ここからは下り坂になるので、ウィンドブレーカーも羽織ります。

ただ、段々と空は暗くなっていきます。
このままだといずれ雨が降り出しそうなので、
眺望台には行かずに出発します。

ここからはひたすら下りです。
スピードをできるだけ抑え、安全第一で下ります。

そして、道の駅「みんまや」に到着です。
こちらは青函トンネル記念館が併設されており、
ケーブルカーで海底まで行ける「体験坑道」見学もあります。

この「体験坑道」見学を楽しみに行ったのですが、
北海道新幹線開業に伴う工事のため、
6月30日まで中止となっておりました。残念。

その後はこちら。

STY13860
津軽海峡冬景色が爆音で流れるところです。

とりあえずお腹がすいたので、食事。

STY13863
ホタテラーメン。ホタテは煮ると出汁が出てしまい、
それほど美味しく感じません。
その分スープが美味しいのですが。

その後は灯台を見たり、階段国道を見たりです。

STY13865
これがあと2時間早く出発していれば、
青空のもとで見られたのではという後悔が湧き上がります。

眺望台の所もそうですが、朝起きた時、出発する決断をしていれば….
そんな後悔の念を抱きながら、
雨が降るまでになんとか次の道の駅「たいらだて」に到着できるよう、
急ぎます。

しかし、それよりはるか手前で雨が降り出し、
トイレに寄った公園のところで、雨が激しくなりました。

結局、この公園の東屋に避難して、本日はここまでです。

本日の走行距離32.57km/総合距離3759.4km
明日の朝には雨が止む予報となってますが、
果たしてどうなりますやら。
できれば青森市街まで行きたいです。

ではでは。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 石松 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    とっても寒くなりそうです。
    くれぐれも無理せぬように。
    津軽海峡冬景色、懐かしいっす。
    僕は岬のキャンプ場に泊まりました。